【映画】「空の青さを知る人よ」ネタバレ感想・姉妹愛に初恋に13年来の恋心といろんな想いのぶつかる映画でした!

LINEで送る
Pocket

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない、心が叫びたがってるんだを生んだ超平和バスターズの最新作「空の青さを知る人よ」を見てきました。

初恋や家族愛、13年越しの想いなどなどいろんな愛の行方が気になる作品でした。あやねえ好き。

主題歌」をとあるキャラクターが本編で歌うのですが、そのシーンがすごく良かった。

スポンサードサーチ

「空の青さを知る人よ」のあらすじ

山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。二人は、13年前に事故で両親を失った。当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。姉の人生から自由を奪ってしまったと…。そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。そのバックミュージシャンとして金室慎之介の名があがる。あかねのかつての恋人であり、高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が町に帰ってくる…。時を同じくして、あおいの前に、突然“彼”が現れた。“彼”は、しんの。まだあかねと別れる前の、高校時代の姿のままで、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。思わぬ再会をきっかけに、次第に、しんのに恋心を抱いていくあおい。一方、13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。

空の青さを知る人よ公式HPより https://soraaoproject.jp/sp/index.html

公式HP → https://soraaoproject.jp

井の中の蛙大海を知らず

このことわざを知ってる人はたくさんいると思います。

狭い世界で生きてると視野も狭くなってしまい、世の中にはもっとすごいことがあることを知らずにいるみたいな意味。え、そのまますぎる?

これだけだとお山の大将のことを揶揄する意味に聞こえますが、このことわざには続きがありまして、

「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」

外を知らないぶん、そこにあるものを突き詰めの大切さを知ることができるという意味です。

この映画もまさにタイトル通りで、田舎で暮らしてるからこそそこにいる身近な人の大切さを知ることができるって話でした。あやねえ。

スポンサードサーチ

昆布のおにぎりが食べたくなる

この話のメインはあかねとあおいの姉妹愛と姉妹離れでした。

事故で親を亡くしてしまい、幼い妹を育てるために地元に残ったあかね。そのときのあかねと同じ年になって姉に負い目を感じ、東京に出て姉を開放してあげたいあおい。

二人ともお互いのことが大好きで、でもあおいは面と向かってありがとうといえないお年頃で。

何でもできるお姉ちゃんと思ってたあかねが実はそうではなかったと知るシーンは胸熱でした。大好きな妹のために何でもできるようになったんだよね。

あかねがあおいを一番にしていることの象徴としておにぎりの具のエピソードが出てくるんですがそれがまたいい仕事してました。

過去と未来の自分がぶつかりあう

ビッグになって地元に戻ってくると宣言したものの、思うようにいかなかった慎之介。

東京に発つ前の高校生のしんの。

おっさんは過去の自分はできると井の中の蛙だった自分を見つめ、高校生は理想とは違った未来を歩んでる自分を見つめ、二人のしんのは思いの丈をぶつけます。

士郎とエミヤみたいと思ったのは内緒。

おっさんは今の自分を嫌い、高校生は恋人に振られたあとでも一歩踏み出した自分をすごいといいます。

このへんのやりとりすごかった。声やってた吉沢亮すげえ。

スポンサードサーチ

ベースがかっこいい

映画ではゴダイゴの「ガンダーラ」をバンド演奏しているのですが、これがかっこよかった。あおいのベースがかっこよかった。

演奏シーンもっとほしかった。ガンダーラあおいバージョンと空の青さを知る人よ慎之介バージョンがフルで聞きたい。

空の青さを知る人よ面白かったです!

メガネお姉さんが好きな人!バンド演奏が好きな人!姉妹愛に弱い人!おすすめです!

心が叫びたがってるんだがアマゾンプライムにあったので見ます。

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です