【ドラマ】おっさんたちの恋愛模様に何故か胸キュンする「おっさんずラブ」がめちゃめちゃ面白かった!

LINEで送る
Pocket

f:id:Ftype:20190127133111j:plain

AmazonPrimeで配信されているテレ朝のドラマ「おっさんずラブ」がめっちゃ面白かった!

最近は認知度もあがってきた「同性愛」をテーマにしたテレ朝のドラマです。

タイトルどおり、同じ会社に勤める男たちが真剣に恋するドラマで、笑い要素もあるんですがハラハラドキドキキュンキュンして最後まで誰と誰が結ばれるかわからないめっちゃ面白いドラマでした。

Amazonプライムで見れるから是非是非。「イケメン同士がいちゃいちゃするのを見て女性ファンがキャーってなるだけやろ」とか思うかもしれません。自分もそうだったけど最後はとまらくて夜更かしして見てたから。

スポンサーリンク

あらすじ

ある日、僕は部長に告白された。 女好きだけど、まったくモテない33歳のおっさん・春田創一(田中圭)。 だが、しか~し! 彼はある日突然、“未曽有のモテ期”を迎えることに!! それは文字通り“未曽有”の事態。 なぜなら、愛を告白してきた相手は… ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、 同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)だったからだ–! 2016年の年末深夜に単発ドラマとして放送され、ネットでも話題を呼んだ、 あの抱腹絶倒の胸キュン・ラブコメディー『おっさんずラブ』が、 レベルアップ&リニューアルを経て連続ドラマ化!

www.tv-asahi.co.jp

スポンサーリンク

誰と結ばれるのか全く予想できない展開

f:id:Ftype:20190127132610j:image

(おっさんずラブ2話より)

おっさんずラブでなにが一番面白かったかというと、「誰と誰がくっつくのか全く予想できない。」ところです。

なぜなら二人の男にアプローチされている春田は巨乳の女が好きな一般的な感性を持つ男の人だったから。いくら乙女な心を持つ上司やイケメン世話焼きな後輩に迫られてもそもそも性的対象として見れない相手から迫れてもそこに心惹かれるのかって疑問があります。

しかも春田にはちずちゃんという可愛い幼なじみもいて(春田にずっと恋心を抱いている)、順当にいくならその人とくっつくじゃないですか。

でも春田は人が良すぎて断れないんですよ。誰にでも優しくて拒絶することがほとんどない。そのせいで本人置いてけぼりで話がトントンと進んでしまったりします。

春田自身の気持ちがはっきりしないので、部長か後輩との男性カップルコースになるのか、それとも幼なじと結ばれるのか、最後までどうなるんやろとやきもきしながら見てしまいます。

スポンサーリンク

牧くんがかっこいいんだよ

好きになったら一直線の部長も可愛いんですけど、牧くんがほんとかっこいい。

イケメンで家事も完璧で仕事もできるすごい後輩。

でも何よりかっこええところは自分よりも相手の気持ちを優先しするところです。ルームシェアしてる春田が好きなんだけど、春田はノーマルな嗜好の持ち主であることをちゃんとわかっていて、男同士で結ばれることが春田にとってほんとにいいのかってめっちゃ考えるんですよね。

相手の幸せを思うと男に迫られるなんて耐えられないよな。自分が引くべきだよな。って。

そのときの演技がすごくて見ててつらくなっちゃいます。俳優さんってすげー。

スポンサーリンク

恋愛ってええもんやなあってなる

恋愛ものを見るとみんなそうなるのかもしれませんが人を好きになるってええなあって気持ちになります。

同性だとか異性だとか関係なく誰かを好きになる。

相手のことを想ったり、自分の気持ちに向き合ったり

それがすごい良いものに感じます。

おっさんずラブには恋愛においての名言もたくさん出てきます。

僕が好きなのは

「相手の幸せのためなら自分は身を引いてもいいとか、どっかのラブソングかよ

そんな綺麗事じゃねえだろ、恋愛って」

牧が春田から身を引こうとしてるときに言われる言葉なんですけど、言ったキャラがそれまで気持ち悪い印象しかなかったのにその一言だけでうわイケメンってなりました。ずるいわー。そんなかっこええこと言うなんてずるいわー。

スポンサーリンク

まとめ

みんな見て。そしてキュンキュンして。

Amazonプライムに登録すれば見れるから(30日のお試し期間もあるので見てすぐ脱退すればOKなので)

AmazonPrimeへの登録はこちらから!!

夏に映画もやるみたいです。二人は幸せなキスをしてきれいに終わったので、どういう話になるのか気になります。

LINEで送る
Pocket

コメント

  1. nuco-501-ithi5 より:

    ブログを読ませていただいてまた見たくなり思わずコメントしてしまいました,

タイトルとURLをコピーしました