外用ステロイド・保湿クリームを塗る量の目安は1FTU(フィンガーティップユニット)で手のひら2枚分

f:id:Ftype:20190425064748p:plain

皮膚科を受診すると外用ステロイドや保湿剤といった塗り薬をもらうことがあります。

でも、塗り薬を使う時にどれくらい塗ればいいのか迷うことはありませんか。

薄く伸ばしたほうがいい、たっぷり使ったほうがいい、いろんな話が飛び交ってますが、塗り薬は飲み薬と違って適量がわかりにくい薬です。

ここでは一般的な外用ステロイドや保湿剤の塗る量について説明します。ただし尖圭コンジローマや疥癬の塗り薬など、ものによっては塗る量や回数が厳格に決まってるものもあるので医師や薬剤師に受けた説明を守ってください。

1FTU(finger tip unit フィンガーティップユニット)

塗り薬の量の目安としてFTU(フィンガーティップユニット)という単位があります。

軟膏やクリームの場合は人さび指の第一関節から指先まで、ローションなら1円玉と同じ大きさを1FTUとします。

1FTUの薬の量て手のひら2枚分(両手の手のひら分)の面積に塗るようにします。

f:id:Ftype:20190425064534j:plain

皮膚科外用薬の塗り方のポイント―自分の感覚で適量を覚えることが大切 | メディカルノート

たっぷり塗る

1FTU、実際にやってみるとその量にびっくりします。

こんなに塗るの?ってきっとなります。もったいないって思うかもしれません。

でもそれくらいたっぷり塗るのが適量とされてますので臆せず塗りましょう。

塗り薬がいくつかあるときは塗る面積が広いものから順番に塗る

人によっては塗り薬が何種類も処方されていて、何から塗ったらいいか悩むかもしれません。

塗り薬の塗る順番は基本的に、塗る面積の広いものから塗ります。

例えば保湿剤と外用ステロイド剤が処方されていたとします。

多くの場合は保湿剤は全体に。外用ステロイドは炎症・湿疹のある部位に塗るように指示が出てると思います。

その場合は塗る順番は塗る面積の広い保湿剤から先に塗ります。

外用ステロイドを先に塗ってしまうと、保湿剤を塗るときにステロイドも一緒に広げてしまい不要なところにも塗ってしまいます。

飲み薬と違って塗り薬などの外用薬は適切な使い方をしないと症状はよくなりません。

塗り薬であまり効果を感じられない人は1FTUをしっかり塗ってみてください。

www.maruho.co.jp

www.dermatol.or.jp

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です