「淀川市民マラソン2018」でフルマラソンを走ってきました

11月4日(日)、大阪で行われた淀川市民マラソンに参加しました。

去年も今年も神戸マラソン・大阪マラソンが当選せずだったので二年ぶりのフルマラソンでした。

マラソンってめっちゃしんどくて、途中で何してんだろな?って感覚に襲われて、しんどいけど終わった後の達成感がやっぱ最高です。

天気は快晴!

f:id:Ftype:20181105181459j:image

秋晴れの気持ちいい天気でした。

逆にあったかすぎて日差しが強すぎたくらい。

淀川沿いをひた走る

f:id:Ftype:20181105181509j:image

淀川マラソンはひたすら淀川に沿って走るコースになっています。

徳島マラソンみたく、行きと帰りで対岸を走るのではなく。同じコースを往復する感じです。

知り合いのランナーと途中ですれ違うことができるので、孤独感は少なかった気がします。

30kmで折り返してきたランナーとハイタッチして「俺も頑張ろう」って気持ちを奮い立たせていました。

その分道幅は狭くなってしまうのですが、人数もあまり多くないのでそこまで気にならなかったです。

参加証のTシャツがオシャレ

f:id:Ftype:20181105200948j:image

参加賞は靴と羽が描かれたオシャレなTシャツでした。

今後のランニングで期待ですね。

淀川市民マラソンは行政マラソンではなく手作りマラソンらしいです。なのに参加賞とか完走タオルとかちゃんと準備していてすげえなーって思いました。

コースの設定とかも大変やったろうに。お疲れ様です。

起伏が少なくて走りやすいコース

コース案内図の写真を見ればわかりますが、淀川に沿ってひたすら走るコースとなっています。

川沿いを走るのでもっと傾斜がすごいと思ってましたが、ほぼ平坦な道でした。

コンクリートの道と芝生と砂利道が混ざっていたり、ところどころ凸凹していたりと気を付けないとこけそうな場所がありましたが、走りやすかったです。

道幅が狭く往復で同じコースを走るのでなので、早いランナーとすれ違う時が大変だと思っていましたが、マラソンが始まって数十分もするとばらけてくるので、道幅を気にすることなく走れました。

エイドに置いてある補給物資の種類は少なかったですが、参加費だけで賄ってるのであるだけで十分です。

水、スポドリ、飴、チョコ、みかん、バナナ、塩、きゅうり

欲を言えばきゅうりはもう少し小さいサイズで複数の箇所に置いてほしかったかな。

あとスポドリは大半のとこは薄すぎて水と変わらなかったです(笑)

ずっと飴なめて走ってました。

 

完走!!

しました。

二年ぶりでしたが、なんとかエイド以外で歩くことなく走り切れました。

タイムは5時間切り。

タイム自体はしょっぱいかもしれませんが走り切れた自分を褒めてやりたい。

f:id:Ftype:20181105181539j:image

久しぶりにフルマラソン走りました。

やっぱり大会に申し込んで目標作らないと運動できないし、走りきると楽しい。

今後もいろんな大会に出て四時間きりてーなー。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です