【本】『りゅうおうのおしごと!9/白鳥 士郎』感想。浪速の白雪姫vs神戸のシンデレラ!【☆4】

LINEで送る
Pocket

熱さがとどまることをしらないりゅうおうのおしごと9巻です!

スポンサーリンク

本のあらすじ

りゅうおうのおしごと!9/白鳥 士郎

夜叉神天衣。
わずか十歳にしてタイトル挑戦を決めたシンデレラは、両親の墓の前で誓いを立てていた。
「お父さま、お母さま。必ず女王のタイトルを手に入れます……私たちの夢を」
しかし彼女の前に立ちはだかるのは、史上最強の女性棋士にして師匠の姉弟子――空銀子。
二人が争うのは女王のタイトルだ
けなのか、それとも……?
《浪速の白雪姫》と《神戸のシンデレラ》が遂に激突!
アニメ化も果たしますます過熱する盤上のお伽話、家族の絆と感動の第9巻!
シンデレラの頬を伝う一筋の涙を、若き竜王の飛車が拭い去る――!!

Amaoznの本の紹介より
スポンサーリンク

面白さ

☆☆☆☆★

スポンサーリンク

感想

天衣と銀子の女王タイトルマッチ!!

銀子の強さは女流棋士の中では別格で、誰も銀子に土をつけたことがない。

それゆえに誰からも理解されず疎ましがられ、孤独に強さを求め続けるという。

めちゃくちゃ強くてかっこいいんだけど、銀子の強さが際立てば際立つほどその繊細さに不安になる。

なにかの拍子にポッキリ折れちゃうとすべてを失いそうで読んでて熱くなるけど悲しくなる。

すべての女流棋士どころかファンにまで負けを望まれているという地獄…。そんな立場に銀子が置かれてることを桂香さんしか気づかなくて。

八一しっかりしろー!

801の部屋とったり二人っきりに慣れる空間作ったりと銀子めちゃ積極的なのになあ。かわいいのになあ。幼馴染ポジションは勝てないんですか…。

そして9巻のもうひとりの主役天衣。

過去としか向き合ってなかった天衣が負けを通して、今自分を支えてくれるものに気づき強くなるのはベタだけど面白かった。

恋心も自認して、手強いライバルがまた増えましたな。

八一師匠としてはすごい気遣いできるのになあ。自分が励ましてもらったことを弟子に伝えるとか。弟子の見てないところでいろいろしたりとか。

銀子に分けたげて!

LINEで送る
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました