【本】『マリアビートル/伊坂幸太郎』新幹線で起こる殺し屋たちの群像劇【☆4】

LINEで送る
Pocket

久しぶりに伊坂幸太郎の作品を読もうと思い手に取りました。

読み終わってからわかったのですが本作は「殺し屋」シリーズと呼ばれるものらしいです。グラスホッパーを先に読んでからのほうがより楽しめるのだとか。

でもこれ単体でも話はわかるし何より面白い!

スポンサーリンク

本のあらすじ

マリアビートル/伊坂幸太郎

幼い息子の仇討ちを企てる、酒びたりの元殺し屋「木村」。優等生面の裏に悪魔のような心を隠し持つ中学生「王子」。闇社会の大物から密命を受けた、腕利き二人組「蜜柑」と「檸檬」。とにかく運が悪く、気弱な殺し屋「天道虫」。

疾走する東北新幹線の車内で、狙う者と狙われる者が交錯する――。小説は、ついにここまでやってきた。

映画やマンガ、あらゆるジャンルのエンターテイメントを追い抜く、娯楽小説の到達点!

Amazonの商品ページより
スポンサーリンク

面白さ

☆☆☆☆★

スポンサーリンク

感想

殺し屋だらけの新幹線で起こるドタバタ物語。

新幹線という閉じられた空間で それぞれの思惑が行き交い殺し殺されが起こります。

策略と運が重なって次の展開が予測できず、一気に読めました。面白い!!

蜜柑と檸檬のコンビや運が悪い天道虫など魅力的なキャラクターがたくさんいて、それぞれの別の物語もあれば読んでみたい。トーマス薀蓄はぜんぜんわらからんかったけど(笑)

それにしても王子がほんと気持ち悪い。伊坂さんは悪い奴を書くのがほんとすごいなあ。

あどけない中学生の見た目とは裏腹に頭の回転が早く人の心理を巧みに読み手のひらの上で踊らせ続ける性悪。

人をコントロールするポイントがいっぱい書かれていました。悪いやつはこういうことをしっかり考えながら接するんやろうなあ。騙されてしまいそう。

早く王子成敗されんかなあとを悶々と読み勧めてました。

王子の胸糞な話と、緊張感のない檸檬と冷静に事態を把握しようとする蜜柑の緊張感のないコメディのようなやりとりと、ただただ可愛そうな天道虫と、木村の視点が目まぐるしく変わっていき分厚さを感じさせないくらいのめり込ませる作品でした。

何の続編かぜんぜん思い出せずあとがきでグラスホッパーの続編だったことが判明(内容は思い出せず)なのでそちらから読んだほうがより楽しめたかも。

AXが殺し屋シリーズの続編らしいのでそちらも要チェックですね。

LINEで送る
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました