【本】『ボクたちはみんな大人になれなかった/燃え殻』感想【☆3】

LINEで送る
Pocket

2020年1冊目です。今年から面白かったかを5段階で点数つけていこうと思います。きっと面白いばっかりになる気がしますが(笑)

スポンサーリンク

本の詳細

ボクたちはみんな大人になれなかった/燃え殻

あの頃の恋人より、好きな人に会えましたか?
糸井重里、大根仁、小沢一敬、堀江貴文、会田誠、樋口毅宏、二村ヒトシ、
せつな痛さに悶絶!
web連載中からアクセス殺到の異色ラブストーリー、待望の書籍化。

(あらすじ)

17年前、渋谷。大好きだった彼女は別れ際、「今度、CD持ってくるね」と言った。それがボクたちの最終回になった。17年後、満員電車。43歳になったボクは、人波に飲まれて、知らないうちにフェイスブックの「友達申請」を送信してしまっていた。あの最愛の彼女に。

とっくに大人になった今になって、夢もない、金もない、手に職もない、二度と戻りたくなかったはずの“あの頃”が、なぜか最強に輝いて見える。ただ、「自分よりも好きになってしまった人」がいただけなのに……各界で“オトナ泣き”続出、web連載中からアクセスが殺到した異色のラブストーリー、ついに書籍化。

Amaozn商品紹介ページより
スポンサーリンク

面白さ

☆☆☆★★ 

スポンサーリンク

感想

読んでると心を引っ掻かれる感じがする。

自分のことよりも大好きになっていた元カノをFacebookで見つけてしまったことから始まる過去の回想。

主に1990年代の話なので、そのときに大人だった人たちにはあんなこともあったなあと思い出しながら読めるのでは。

残念ながら自分はその頃小学生だったのでそこまで…。

でも記憶の底にあるなにかを引っ掻いてくるような文章は読んでてうわあってなった

LINEで送る
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました