【本】『人生の結論/小池一夫』成熟した大人になるための大切な言葉がいっぱい【☆5】

LINEで送る
Pocket

Twitterで小池さんのことを知り、良いこと言うなあと思ったら急な訃報。

Twitterのような短い文章ではなく、ちゃんとした書籍でこの人はどんな文章を書くのだろうかと思い著書を読みました。良かったです。

スポンサーリンク

本のあらすじ

『人生の結論/小池一夫』

人は、どうやって生きたら幸せになれるのだろう。

人との心地よい距離感の保ち方から、しんどい仕事の乗り切り方、

極上の日常のつくり方、

そして、豊かな年の重ね方まで、

ツイッターフォロワー80万人が感動した数々の人生訓を新たに完全書き下ろし。

もがきながら懸命に生きるあなたへ贈る言葉。

Amazon商品ページより
スポンサーリンク

面白さ

☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

感想

「人生の結論」と題されてるように小池さんがこれまで生きてきたなかで培った価値観や考え方がたくさん書かれていてます。

序盤でいきなり

「日本の大人の男には、『金を持ったに過ぎない子供』の男が多すぎる。大の男の暇潰しが課金ゲームではいけないし、コーラで飯を食ってもいけないし、聴いてるCDに握手券が付いていてもいけないのである。大人の男として扱われたいのなら、大人の男になれ。いつまでも、少年のフリは出来ないのだ」

本書 はじめに より

と、今のご時世だと好きなものに年齢なんて関係ない!って大バッシングがきそうな言葉があります。(実際に一番反響が大きかったツイートだそうで)

しかし本書を読み進めていくと、かっこいい大人の男になりたいなら少し背伸びしてかっこいいことをしろと小池さんのメッセージが伝わってくるようでした。

人付き合い、仕事、老い、自分との向き合い方

様々な事柄で、小池さんの考えが書かれています。

おばあちゃんの知恵袋ならぬ小池さんの知恵袋。

当たり前のことのようでいて意識しないと忘れてしまうことや、自分には考えもつかなかった意見もたくさんあり、

手元にとっておき、困ったときや悩んだときに読み直したいと思える本でした。

強い言葉は使ってないのに心に響きます。小池さんが歳を重ねてもいろんなことに興味を持ち衰退することなく成熟した人生を歩んでいたからこその説得力なのかな。

日々を丁寧に過ごし、ちょっとだけ背伸びをし、かっこいい大人になる、

そんな素敵な人生をこれから歩めたらいいな。

LINEで送る
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました