【ライブ】『東方野音フェス@サンポート高松』に行ってきました

LINEで送る
Pocket

「香川の東方イベントに魂音泉が来る!!」

ってことで7/10㈰に香川県高松市のサンポート高松で行われた「中四国東方祭」と「東方野音フェス」に行ってきました。

中四国合同祭 ポータルサイト

f:id:Ftype:20160712222310j:plain

4イベントの合同開催

東方以外のイベントも同時開催でしたが、規模は東方が一番大きかったです。

あとはコスプレや痛車など、ザ・オタク文化って感じの催し。痛車は内装も凝ってるのもあったりしてほんとすごい。中四国以外のナンバープレートの車もあってその車で公道走ってきたって事実もすごい。

即売会会場もすごい人口密度でした。狭い。サークル参加者と一般参加者がひしめきあってました。

ざっと見た感じ小説サークルがなかったのが残念。特に買うものもなく無料配布のペパークラフトだけゲットしました。

パーカーがすごい気になったけどお金がなかったんで見送ることに。

もちろん魂音泉ブースにも行きましたが特に買うものもなく。長々と喋れるほどのコミュニケーション能力もなく…。

即売会からの野外ライブへ

野外といっても天井があり、陽射しがさえぎられて助かりました。

こんな暑い中直射日光当たってたら倒れる。

f:id:Ftype:20160712222332j:plain

タイムテーブルも分からず、魂音泉以外は知らないサークルばかりだったので無難に後ろのほうにいました。

ステージが高く、遠くても良く見えたのが良かったです。

バイオリンとかマスターとかいろんな人がライブしていて面白かったです。僕は初見の人ばっかりでコール&レスポンスとか振付とかわかんなかったんですが、前の方にいる人たちはどのサークルのときも全部やってたのでみんな詳しすぎるだろ…って思いながら見てました。

単純に僕が知らないだけで有名サークルの人ばっかりなのかな。

そして中盤くらいで我らが魂音泉の登場です。

セトリ

COZMIC DRIVE(マイクリレー歌詞)

yellow knife

メドレー(66音頭〜童祭〜大輪の魂〜ゆけむり魂温泉)

サクラトンネルエスケープ(ピアノver.)

星の器

予想外のセトリで大盛り上がり

それまでで一番の盛り上がりをみせたんじゃないでしょうか。当たり前ですが僕はめっちゃテンション上がってました。

今回の香川遠征では魂音泉はK’s、らっぷびと、抹の3人体制だったので、ライブでやる曲も限られてくるなあと考えていました。 

そしたらまさかの「COZMIC DRIVE」からのスタート!

「おいおいどっちが妖狐さんのverseやるんだ?」と思ってたらまさかのマイクリレーのverse蹴ってました。

しかもK’sさんはベースタのhookをちょいちょい挟んでてなんかすごい曲になってました。

そしてステージ上で乾杯をしてビールを飲みだす3人(笑)魂音泉やORIGAMIのライブではステージで飲むのはお馴染みなんですが、こんなとこでも飲むんですね。

そして飛ぶはタオル回すはの「yellow knife

抹さんはまた観客の(ラップ)童貞を奪っていきました。6歳の子とかいたのにもう(ラップ)童貞奪われるなんて…。

そしてお次はまさかのメドレー。盛り上がる曲ばっかりを繋いだメドレーで会場のテンションはやばかった。

66に大輪にと「ここに司芭扶さんおればなー」と思わずにはいられませんでしたが。

66音頭そろそろカラオケに入れてくださいお願いします。

盛り上がる曲で最後までいくのかと思えば「サクラトンネルエスケープ(ピアノVer.)」でがっつり聴かせます。ほんとらっぷさん歌うまいなあ。どうやったらあの高音出せるんだろ。

そしてラストは安定の「星の器」。ほんと星の器ってラストを飾るにふさわしい曲です。

最後までみんなで手拍子して綺麗に終わるのでやりきった感がすごい。

 魂音泉のライブは去年のさぶ天以来だったのでめっちゃ楽しかったです。

少人数だからこそのセトリでした。良い意味で裏切られた。

 

魂音泉のあともライブは続きます。

魂音泉の次にやってたサークルさんで、最近ニコ動でハマったこの動画のラストに使われてた曲を歌い出してびっくり。

GET IN THE RINGっていうサークルなのね。覚えておきます。

ラストまではいられませんでしたが楽しかったです。

戦利品

魂音泉の物販にもいろんなCD置いてましたが僕が行った時点では持ってないのがなかったのでラバストにサインを頂いたんですが…ライブ終わるとこすれて消えかかってました…。

やっぱサインは色紙に書いてもらわんとね。

f:id:Ftype:20160712222400j:plain

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です