大葉の水耕栽培②ペットボトルに移したら枯れそうになった…

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

大葉栽培続いてます。

始めたすぐは気温が低くて、ほんとに芽が出るのか心配だったのですが、10日すぎたころから芽が出てきました。

いくつか失敗するかもと多めに用意していたのですが全部から発芽し、これは今年は大葉いっぱい食えるなあとか思ってました。

参考にしたサイトによると大葉が発芽したあとはペットボトルに植え替えをして育てるとのことだったので、ペットボトル工作をして植え替えを行ったのですが、

翌日には枯れそうになってた…。

水分が足りない!!

ペットボトルは上3分の1くらいで切ってひっくり返して苗を入れました。

ペットボトルの飲み口のところにスポンジがくる感じです。

そのままだと根が水に届かないので水を吸いやすいフェルトを使ってスポンジまで水を届ける作戦だったのですが、うまく伝わらずに枯れそうになってしまいました。

苗がもう少し育って根が長くなってから移す方が良かったみたい。

いきなり苛烈な状況に追い込んでしまいました。

結果2つの苗がダメになってしまい、急遽もとに戻すことに…。

今はみんな元気になってます

戻したら一日で苗がしっかりしてきたのでやっぱり水不足が原因だったようです。

大きな犠牲を出してしまいましたが残った6つの苗たちは大切に育てていきたい。

こいつらのことは今後「シソ松さん」と名付けて大切に見守っていこうと思います。

成長を楽しみにしてるぞシソ松さん!!

LINEで送る
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました